LINE
facebook
twitter

ブログ
youtube
mixi

TEL:080-5700-3215

Email:monsutera8913214@gmail.com

LINE:tenjougwa8913214

 

※営業の方へ:この電話は患者さんのためのものでありますので全て営業の電話は断らせていただいております。営業の方、痛みで苦しんでいる患者さんの気持ちになっていただきたいと思います。

特定商取引に関する法律 第17条

販売業者又は役務提供事業者は、電話勧誘販売に係る売買契約又は役務提供契約を締結しない旨の意思を表示した者に対し、当該売買契約又は当該役務提供契約の締結について勧誘をしてはならない。

LINK

Facebook
LINE
twiiter
ブログ
mixiページ
youtube

「湿邪」に侵されていませんか?

雨は大丈夫でしたか?早い復興を願い仕事をしている どうも~院長の池尻です。

 

 当院は「頭痛」の患者さんが多数来院されていますが、特に最近多くなっています。では何故この時期に多いのでしょうか?

 

特に今の時期は「湿気」が多いですよね。東洋医学ではこのように体に悪影響を及ぼす自然の変化を「邪気」と言い、湿気が多いので「湿邪(しつじゃ)」と呼び、東洋医学では警戒しています。

 

 

 「湿邪」は、胃腸の機能を低下させ、水分が体の中に溜まっていきます。体の中の水を粘着させ停滞し、水を下降し体の下部に溜め込むことで、食欲不振・胸やお腹がすっきりしない・残便・残尿感、下痢、むくみ、頭・手足・体の重だるさ、関節の痛み、オリモノが増える、痰、鼻水などがみられることが考えられます。

なので、患者さんの共通の症状が…

体が重ダルイ…、やる気が起きない、食欲不振、手足が重だるい、関節が痛い、胃もたれがする、足がむくむ、生理の量が多いまたは止まりにくい、オリモノが多い…などなど

 

を訴えらます。

 

東洋医学的に、こういう方は…「体の中に余分な水分が溜まりがちな方」なので、水分を体から出してあげないといけなくなります。

 

 

では、なぜ水分がたまりやすくなるのでしょうか?

 今の時期、冷たい飲み物・ビール、アイスクリーム、冷蔵庫で冷えたフルーツやサラダ、刺身など、特に冷たいものの摂りすぎることで、「湿邪」は活発となりさらに胃腸系の機能が低下させます。

 

 

昔の書籍では、

井戸水より冷たいものは摂るな

と書かれています。冷たいものが増える今の時期なので、常温または温かいものを摂って体を冷やさないようにしたいものです。


概要 | 返金条件と返品取消申請書 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
東灘区・岡本・摂津本山・交通事故・腰痛・肩こり・スポーツ・ケガ・整体・整骨院・接骨院