LINE
facebook
twitter

ブログ
youtube
mixi

TEL:080-5700-3215

Email:monsutera8913214@gmail.com

LINE:tenjougwa8913214

 

※営業の方へ:この電話は患者さんのためのものでありますので全て営業の電話は断らせていただいております。営業の方、痛みで苦しんでいる患者さんの気持ちになっていただきたいと思います。

特定商取引に関する法律 第17条

販売業者又は役務提供事業者は、電話勧誘販売に係る売買契約又は役務提供契約を締結しない旨の意思を表示した者に対し、当該売買契約又は当該役務提供契約の締結について勧誘をしてはならない。

LINK

Facebook
LINE
twiiter
ブログ
mixiページ
youtube

口コミサイト

18歳男性 ラグビー部所属 右かかとが痛い

18歳男性 「右かかとが痛い」っと訴え来院されました。

 

痛みが出る部位として赤○のところ。足趾は動かしても痛みはない。しかし、歩行時に踵(かかと)がつけないとの事。

「Fat pad syndrome(ファット パッド症候群)」の疑い

踵に中・高度のインパクト(衝撃)がかかる運動を始めたばかりの初心者の方に多くみられる症候群であると言われています。

 

左の図は、床からの衝撃を受けた踵の脂肪体の状態です。 繰り返し衝撃が加わり続けると、脂肪組織の力学的な安定性が損なわれてきて、 軟らかい脂肪体と比較的硬い踵骨との間で不安定性が生じ、 剪断力が発生してこういった症状が出るのではないかと考えられています。

 

治療法としては2つ

①ヒールカップ(インソール)

②テーピング

です。

 

当院では、まずはテーピングを行います。テーピングの目的としては、踵にある脂肪の支持性を高めることです。よって、周りの脂肪を寄せ集めてテーピングを行います。

テーピングで改善が見られない場合は、ヒールカップ(インソール)を使用します。これは、衝撃吸収能力の落ちてしまった踵部の保護作用と支持性を高める効果があります。

 

この患者さんは練習も休まず3日で治癒しました。


概要 | 返金条件と返品取消申請書 | プライバシーポリシー | サイトマップ
東灘区・岡本・摂津本山・交通事故・腰痛・肩こり・スポーツ・ケガ・整体・整骨院・接骨院