TEL:080-5700-3215

Email:monsutera8913214@gmail.com

LINE:tenjougwa8913214

 

※営業の方へ:この電話は患者さんのためのものでありますので全て営業の電話は断らせていただいております。営業の方、痛みで苦しんでいる患者さんの気持ちになっていただきたいと思います。

特定商取引に関する法律 第17条

販売業者又は役務提供事業者は、電話勧誘販売に係る売買契約又は役務提供契約を締結しない旨の意思を表示した者に対し、当該売買契約又は当該役務提供契約の締結について勧誘をしてはならない。

LINK

Facebook
LINE
twiiter
ブログ
youtube
mixiページ

保険施術について

 東灘区にお住まいの方に多くご利用いただいている当院では、痛みを根本から改善する施術を行っております。痛みを根本から改善するには、広い範囲で施術する必要があります。そのため当院では、費施術メニューを積極的に導入しております。一般的に行われている「険施術」と「費施術」の違いについてご説明致します。

 接(整)骨院など「保険施術」「自費施術」という言葉を聞いたことはありますか? 健康保険証を使える施術を「保険施術」、健康保険証を使えない施術を「自費施術」と呼んでいます。具体的にどのような点が違うのかみていきましょう。

 「険施術」は健康保険が適用される施術のことです。そもそも接(整)骨院は、整体やマッサージとは異なる存在で、接(整)骨院では国家資格を持つ柔道整復師によって施術が行われます。

そのため、接(整)骨院では施術内容によっては保険が適用され、その対象となるのは骨折、脱臼、捻挫、肉離れ、打撲です。

 保険施術は国が定めた国家資格が必須であり、保険施術をできる先生は、柔道整復師・はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師いずれかの資格が必要です。国が定めた国家資格になります。

 保険施術は施術方法の制限がある あん摩マッサージ指圧・はりきゅう及び柔道整復のいずれかの施術方法になります。施術行為ごとに国が料金を定めているため、施術内容はどの施術所でも決められた内容になることが多いです。

 

 険施術のメリットは、一部の負担額で施術を受けられることなのですが、一方で施術方法が限られるというデメリットもあります。 そのため、身体の骨格や筋肉を知り尽くした柔道整復師にとっては、健康保険が時にはネックになる場合もあります。このことから、険施術を提供しない接(整)骨院も少なくありません。 金額だけ見れば患者さんにやさしい険施術ですが、痛みを根本から改善することは難しいといえます。

 <保険施術の注意点>

①保険施術は国が定めた症状【転んだ、ぶつけた、ひねった・・・などで身体が痛む場合】 、病名のみ【骨折、脱臼、打撲、捻挫(肉ばなれ含む)の場合】は、柔道整復師の保険施術を受けることができます。

②骨折と脱臼の場合は、医療機関で診てもらい診断してもらってください。医師の口頭同意か、同意書を発行してもらい、柔道整復師に提出すれば保険施術を受けることができます。

 

※柔道整復師は、骨折・脱臼の判断はできますが、「診断権」はありません。よって、医師の診断が必要となるのです。緊急時の場合は、接(整)骨院で医師の同意書無しに骨折、脱臼の手当てをすることができます。

③接(整)骨院など施術所で柔道整復師の先生に保険施術を受ける際、同じ病名で医療機関に通院していると保険証は使えません。全額自費で施術を受けることとなります。 

また、違う接(整)骨院を受療している場合、2件の接(整)骨院の施術を受ける事はできません。どちらか1件にして頂きます。

 

 「費施術」とは、保険が適用されない施術のことです。保険が適用されない分、施術の幅が広がり、様々な施術を受けることができます。多くの人の悩みとなっている慢性肩こりや慢性腰痛・骨盤矯正・小顔矯正・マタニティー整体などの分野も得意としております。

 費施術なら、その人の日常生活でのクセや筋肉の固さ・関節の動き・骨盤の歪み・痛みの状態など、患者さん本人からしっかりとお話を聞くことで原因を見つけ出し、適した施術方法を提案します。また、全額自己負担で患者さんに施術を受けていただくため、質の高い施術を提供することができます

 費施術は施術方法の制限なし 自費施術をするために先生が持っていなければいけない資格に制限はありません。すなわち、先生が自分の施術方針に合う知識、技術を制限なく学び、施術に役立てることができます。そのため、施術メニューは多様で施術所により内容もさまざまです。

 <自費施術の注意点>

①特にありません。自費施術は全て対象です。肩こり、腰痛、筋肉疲労、慢性疾患など保険施術の対象ではないお悩みも、自費施術でケアしてもらうことができます。 疲労回復やリラクゼーション目的や、体の不調を予防するために受ける施術も自費施術で受ける事ができます。

②自費施術は資格の条件がありません。定められた資格は特にありません。さまざまな歴史、文化を背景に編み出された施術方法があり、その技術を習得するための学校や資格があります。たとえば整体、カイロプラクティックなどの施術方法があります。資格は国が定めていない民間の資格になります。

顎関節症
アクセス
問い合わせ


概要 | 返金条件と返品取消申請書 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
東灘区・岡本・摂津本山・交通事故・腰痛・肩こり・スポーツ・ケガ・整体・整骨院・接骨院